「 bihaku 」一覧

飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」のレビュー実験!サンダルの跡はどうなる?!

飲む日焼け止めの効果はあった?炎天下に5時間サンダル跡が残るか?実力を検証

飲む日焼け止めについていろいろ調べてみましたが、自分の体で試してみない限り本当に日焼け止めの効果があるのかわかりませんよね。

ある5月の炎天下に5時間以上野外に出る機会があったので、さっそく実験してみました。

今回使ってみたのはホワイトヴェールです。

arrow_orangeホワイトヴェールの通販公式サイトはこちら

ちなみに当日の天気は晴天で最高気温は27度、外出場所は日陰が少ない国立公園です。

飲む日焼け目は晴天時に効果があるのか?

 

今回の検証は、サンダルの焼け跡がつくかどうか?というものです。

検証方法は次のとおり

1.飲む日焼け止めを4錠飲む

2.左足だけSPF50の日焼け止めを塗る

3.サンダルを履いて炎天下に5時間すごす

4.帰ってからサンダル跡が左右どのようについているか検証

つまり、

日焼け止めを塗っている方だけ日焼けしない⇒飲む日焼け止めは効果がない

両足同じように日焼けしていない⇒飲む日焼け止めだけでも効果がある

と判定できるようにしました。

ではまず日焼け前の状態から

飲む日焼け止めを4錠飲んだ日焼け前の足

当たり前ですが、サンダル跡はありません。

比較するために左足だけ日焼け止めを塗りました。ニベアのSPF50です。

左足だけ日焼け止めを塗ってみる

ぬりぬり

 

今回使用するサンダルです。

日焼けしたらどんな模様がつくか・・・想像できますよね

飲む日焼け止めだけでサンダルや焼けは予防できるか?

野外で5時間以上すごしました。

この日は本当に疲れた・・・

飲む日焼け目は晴天時に効果があるのか?

 

では結果です。

一部サンダルが食い込んで足が赤くなってる部分があります。

肝心の日焼けは・・?

塗る日焼け止めをつけたほう

ニベアを塗ったほうは強力に紫外線をブロックしてくれたようです。

では肝心の右足はどうでしょうか・・?

飲む日焼け止めだけで過ごした右足。日焼けしてない

サンダル模様はついていません!全然日焼けしてなかった!

並べてみると左右大差ないのがわかります。

enomuhiyakedome_8

検証の結果は「両足同じように日焼けしていない⇒飲む日焼け止めだけでも効果がある」と判定しました!

この1週間後に小学校の運動会、さらに1週間後に中学校の運動会にも同じサンダルを履いていきましたが、同じようにあとかたもなく日焼けはありませんでした。

普段日焼け止めをしない男性はどうかな?と別の炎天下の日に試してもらいましたが、こちらはうっすらと肌の色が濃くなっていました。

ただし、真っ赤に炎症するような日焼けではありませんでした。

うすく日焼け止めを塗って過ごしていたような状態と同じような焼け方で、当人は「焼けても赤くならないし、すごくいいね」と言っていました(*^^*)

検証に使ったホワイトヴェールって?

今回試したのは福岡市にあるキラリズムという会社の飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」です。

ホワイトヴェールを選んだ理由は、ニュートロックスサン以外に100%オーガニックの有機ハーブによるマルチビタミンとミネラル、肌に弾力を与え色素沈着を抑制する成分として、ザクロエキスやメロンプラセンタ、ルテイン、クロセチンといったケア成分が充実している機能性食品認定サプリだからです。

国産で、医薬品などの品質管理基準をクリアした国内GMP認定工場で作られているのも安心です。

海外製のサプリにありがちな大きく飲みにくいカプセルとは違って小さくて飲みやすい錠剤だったのもホワイトヴェールを選んだポイントです。

カプセルが大きいとのどに詰まっちゃって気持ち悪くなることがあるので、意外と大事なポイントです。

「P.O.L.C」もクロセチン、ルテイン、ザクロエキスなど美容成分が配合されていて充実してますが、ヘリオケアと同様にカプセルだったこと(私がカプセルが苦手)、価格がホワイトヴェールより若干高めだったことなどから、ホワイトヴェールを選びました。

しっかり防ぎたいときは4粒飲む!飲み忘れても帰ってから飲もう

検証の日は「朝に2粒から4粒飲むのがおすすめ」と書いてあるので、その通り朝8時に4粒飲みました。

飲む日焼け止めは、たとえ朝飲むのを忘れていても帰ってきてから飲めば色素が沈着するのを防いでくれます(*‘∀‘)

しっかり日焼けを防いでくれて、肌が赤くなったりヒリヒリしたりすることもなく「手放せない!」って思っちゃいました。

arrow_orangeホワイトヴェールの通販公式サイトはこちら


ライザップのサンタンブロックを試してみました

ライザップグループから飲む日焼け止めが出ていると聞いて、さっそく買ってみました。

このサイトでおすすめしているほかのサプリとの違いや、飲んでみての実体験などをレポートします!

公式サイトはここをクリック

サンタンブロックの特徴は?

当サイトで紹介しているほかの日焼け止めサプリと同じく、サンタンブロックも紫外線を浴びた後にできる活性酸素を抑制して肌の炎症を防ぎ、日焼け後にメラニンが増えて黒くなるのを防ぎます。

主成分はニュートロックスサン。でも1粒の含有量が他のサプリよりも多い

活性酸素を抑制する主成分はスペイン産で10年以上の歴史がある「ニュートロックスサン」です。

ニュートロックスサンはシトラス果実、ローズマリー葉から抽出される成分

ニュートロックスサンは1日につき100mg以上飲んでエイジング対策ができ、250mg以上飲んで光保護効果が発揮され、日焼けするのを防ぎます。

サンタンブロックには1粒125mgのニュートロックスサンが配合されているので、日常紫外線を防ぐこととエイジング対策を同時にできるのが特徴です。

他のサプリメントよりも1粒の配合量が多いので、1日1粒飲めばいいのが便利です。

お薬飲むのが苦手な私も毎日1粒飲んでます

サンタンブロックは副作用がある?

他の日焼け止めサプリ同様、食品に分類されるので副作用はありません。

ただし、シトラスなど、含有成分に対して食物アレルギーを持っている人は飲めません。

サンタンブロックは子どもも飲める?

サンタンブロックもほかの日焼け止めサプリと同じく4歳以上の子どもから飲める製品です。

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が一定の品質に保たれるよう定められている国内の「GMP認定工場」で製造し、また、医師が監修、医療機関でも採用されているサプリメントです。

サンタンブロック小さいなカプセルタイプで持ち歩きも便利

サンタンブロックは切り込みが入ったケースなので、数日の旅行にも持っていきやすかったです。

小さなポーチに入れておくと、朝飲み忘れてもあとから飲むことができますよ

サンタンブロックはいつ飲むのが効果的?

私は毎日朝起きてから飲むようにしていますが、この時間に飲んだらいいという決まった時間はありません。

もちろん日差しを浴びた後に飲んでもOKなので、普通に日焼け止めを塗り忘れて夕方に飲んでもOK!

日焼けして取り返しがつかないなんてことになりません

サンタンブロックを実際に試してみました

今回はサンタンブロックの公式サイトから買ってみました。

公式サイトはこちらから

1箱30粒入りで、定期購入したので初回税込で5,292円です。

送料は無料でした。

2回目以降は20%引きの税込8,467円です。

カプセルは苦手なんですが、小さ目だったので大丈夫でした。1日1粒なので許容範囲です(笑)

サンタンブロックとホワイトヴェールとの違いは何?

このサイトでも紹介してるホワイトヴェールは去年から人気の日焼け止めサプリです。

同じような商品ですが、違いはニュートロックスサンの含有量と効果についてです。

サンタンブロックは1粒に125mgのニュートロックスサンが入っているので、1日に1粒~2粒でいいのですが、ホワイトヴェールは1粒に62.5mg、つまりサンタンブロックの半分しか入っていません。

なので、ホワイトヴェールをサンタンブロックと同じように使うためには2粒~4粒と倍飲まなければいけません。

また、ホワイトヴェールの効果としてはUV-A,UV-Bから受けるダメージ防止ですが、サンタンブロックはUV-A,UV-Bに加えて近赤外線からのダメージ防止もしてくれます。

サンタンブロック公式サイトより

近赤外線とは、肌の奥まで到達してしまうもので、日焼け止めでも防ぎにくいのが特徴です。

将来のシミや色素沈着からも肌を守るためにはサンタンブロックがおすすめです。

サンタンブロックはどこで買えるの?

サンタンブロックは通販サイトで買うのがおすすめです。

公式サイト、アマゾンと楽天の値段の違いは?

アマゾン、楽天などの身近な通販サイトでも売っていました。

アマゾンでは1箱8,424円です(2017年5月1日現在)⇒amazonサイトはここ

楽天では1箱10,584円です(2017年5月1日現在)⇒楽天サイトはここ

公式サイト定期購入は3回縛りで初回半額、
2回目以降も20%OFF

公式サイトは定期購入コースがあるので、amazonや楽天よりも安く買うことができます。

ただし、3回の購入縛りがありますが、そもそも3カ月ほど続けて飲まないときちんとした紫外線防止効果が発揮できないので、3カ月続けて総額が一番安い公式サイトで買うのがお得で安心です。

公式サイトはここをクリック

まとめ:サンタンブロック友達も飲んでた

今回飲んでみたサンタンブロックですが、実は偶然友達も飲んでいました。

やっぱり名前がとおったライザップグループの健康コーポレーション発売なので、しらないところのサプリを買うよりも安心よねーと言ってます。

で、お互い肌の調子いいよねーと褒めあってきました。( ´艸`)

飲む日焼け止めが気になってたけど、どうも不安といった人にもサンタンブロックならおすすめできます。

公式サイトはここをクリック

 


ポーラのサプリ「ホワイトショット」を1カ月飲んでみました

このサイトでは飲む日焼け止めサプリの体験談を中心に紹介していますが、ポーラのサプリ「ホワイトショットインナーロック」も試してみたので、レポートします

⇒ ホワイトショットインナーロック公式サイトはこちらをクリック

ホワイトショットインナーロックはどんなサプリ?特徴は?

ホワイトショットとはポーラの有名な美白ブランドです。

サプリメントも販売していると聞いて、このサイトで紹介している「飲む日焼け止めサプリ」とどう違うのか、試してみたくなりました。

ホワイトショットインナーロックの成分

ホワイトショットインナーロックの主成分は「インドキノキ抽出物」です。

ポーラ・オルビス研究所が独自に開発した成分で、特許もとっていました。

「インドキノキ抽出物」と書いてありますが、ポーラでは「ブランノール(R)EX」という名前で表示されています。

ブランノール(R)EXの働きはニュートロックスサンとは違うの?

ブランノールはインドキノキというスリランカに生育する植物から抽出された成分です。

ブランノールには美白効果が期待できる抗炎症作用があり、メラニンの酸性を抑制して、色素沈着に対して強い改善作用があります。

一方、ニュートロックスサンもシトラス果実やローズマリー葉エキスから抽出してできる植物由来成分です。

ニュートロックスサンの作用は強力な抗酸化作用で「活性酸素」を抑制して日焼けするのを防ぐことです。

ブランノールは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐのに対して、ニュートロックスサンは日焼けを防ぎます。

ポーラサイトより

ブランノールの方は日焼けしちゃった後にこびりつくのを防ぐようなイメージですね。

また、ブランノールは一般的な美白素材よりも約 70 倍のメラニン産生抑制作用が確認されています。

シミ・そばかすが気になる方にぴったりの成分です。

ブランノールについて(クリックするとポーラサイトが開きます)

1カ月飲んでみた感想は「肌がつやつや★」

サプリを飲んでいた時期はちょうど冬の日差しが完全に終わって、春から初夏の日差しに変わる3月半ばから4月半ばまでの1カ月間です。

3月上旬くらいまでは、油断をして無防備に外に出ることが多かったですが、3月の下旬ともなるとちょっとした油断が命取り(笑)

あっというまにシミの予備軍が作られてしまいます。

でも、今回ホワイトショットを飲んでいる間は日焼けをすることが全く気にならなくなりました。

それどころか、かえってツヤツヤになってファンデーションもノリノリです♪

ポーラというブランド力も、安心材料だったので飽きることなく1カ月続けることができました。

⇒ ホワイトショットインナーロック公式サイトはこちらをクリック

さらに1カ月飲んで・・シミが見えなくなっちゃった!

ここからは追記ですが、さらに1か月後本当にシミが見えなくなるくらい薄くなったんです。

めっちゃうれしい(*‘∀‘)

去年の春先まではせっせとシミ治療に通っていましたが、今年はシミ治療に全然行かなくて済みました。

ホワイトショット、恐るべし!!

ホワイトショットインナーロックこんな方におすすめ

  1. 日焼け止めの塗り直しが面倒な人
  2. 肌のくすみやシミが気になる人
  3. 敏感肌で美白化粧品がピリピリする人
  4. 肌の調子が落ちてきたのでサプリメントでカバーしたい人

ホワイトショットインナーロックを飲まないほうがいい人

原材料の一部に小麦、オレンジ由来原料を含んでいます。食物アレルギーのある方は飲まないでください。
また、体質や体調によっては、まれに合わない場合があります。

無理せずに飲用を中止してください。

ホワイトショットインナーロックどこで買える?

百貨店や地域のポーラのお店で買うことができますが、近くにお店がないとか時間が取られちゃうといったときは通販が便利です。

美白関連の商品はシーズン前に売り切れちゃうことがあるので、試してみたい方は早めにチェックしてくださいね

成分一覧
インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、粉飴、桃の花エキス、ビタミンE含有植物油、デキストリン、メロン抽出物、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、微粒二酸化ケイ素、加工デンプン、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、ヘスペリジン、グリセリン脂肪酸エステル、ヒアルロン酸、カルナウバロウ、(原材料の一部に小麦、オレンジ由来原料を含む)

内容量・価格
60粒 ¥6,696(税込)
180粒・お徳用 ¥17,820(税込)
※ 5400円以上の買い物は送料無料

販売元
ポーラ

ホワイトショットが買えるポーラ公式サイト
⇒ http://net.pola.co.jp/beauty/products/campaign/food/whiteshot1703/index.html


飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」と「雪肌ドロップ」どっちがおすすめ?比較しました

飲む日焼け止めで大人気の2大サプリ「ホワイトヴェール」と「雪肌ドロップ」を徹底比較しました

迷ってる人はチェックしてね

ホワイトヴェール公式サイトはここをクリック

雪肌ドロッ公式サイトはここをクリック

飲む日焼け止め一番大事なのは成分!ホワイトヴェールも雪肌ドロップもニュートロックスサンが入ってるけど

飲む日焼け止めの仕組みで重要な成分「ニュートロックスサン」は、国内製造のサプリに使用されています。

ニュートロックスサンはスペイン・ミギュル大学で10年かけて研究された成分です。

原料はシトラス・ローズマリーエキスから抽出された天然ポリフェノールですが、日焼けしたときに体内で作られる活性酸素を抑制してくれるんです。

この一番大切な成分がどれくらい入っているか?ということが飲む日焼け止め選ぶうえで一番重要なポイントです。

主な日焼け止めサプリを調べてみました

「ホワイトヴェール」・・・2粒で125mg、4粒で250mg

「雪肌ドロップ」・・・配合量不明

実は、ニュートロックスサンは推奨量が250mgです。

1日の推奨量で250mg取ることができれば、ニュートロックスサンのロゴマークを使うことができます。

公式サイトを見てみると・・・

ホワイトヴェール公式通販サイトより

ホワイトヴェールは2袋買ったときということで、1日に4粒飲むことができ、250mg取れるので日傘サプリのマークがついています!

雪肌ドロップはというと・・

雪肌ドロップ公式通販サイトより

残念ながらマークはついていません。

ひょっとしたら1度に4粒飲めば250mg取ることができるのかもしれませんが、ニュートロックスサンの含有量を開示していないのでなんともいえません。

ちょっと入っているだけでも「〇○成分がはいっています」と表示することができますが、どうせ飲むんだったらそのへんのところがハッキリしてる方がいいですよね。

ということで、主な成分では「ホワイトヴェール」の方がおすすめです。

その他の美容成分はどちらがいい?

それぞれのサプリに入っているニュートロックスサン以外の成分を調べました

ホワイトヴェール

混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、植物プラセンタ(メロン胎座抽出物、デキストリン)、バラ花びら抽出物、ザクロエキスパウダー、トマトパウダー(リコピン含有)、マリーゴールド抽出物、クチナシ、アーティーチョーク葉エキス/結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、セラック、ビタミンD

 

雪肌ドロップ

混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン、アムラ、アナトー)、コラーゲンペプチド及びN-アセチルグルコサミン混合末、システイン含有酵母、植物プラセンタ(メロン胎座)、コラーゲンぺプチド(ゼラチン)、ザクロエキスパウダー、トマトパウダー(リコピン含有)、リンゴベリー抽出エキス、マリーゴールドエキス(ルテイン含有)、結晶セルロース、貝殻末焼成カルシウム、ゼラチン、ステアリン酸Ca,L-アスコルビン酸2-グルコシド、二酸化チタン、カロテノイド、「原材料の一部にゼラチン、カニ、エビを含む

原料の名前をざっとみただけではよくわからないと思いますが、ホワイトヴェールは、2017年に成分をリニューアルして、カニ、エビの成分が入っていません

アレルギーの人でも飲めるようになっているので、ホワイトヴェールの方がおすすめです。

(※ただし、アレルギーについてはかかりつけの医師に相談してください)

また、ホワイトヴェールはビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、ビタミンDの5成分に対して、栄養機能食品表示を認められる量が配合されていて安心ですね。

※栄養機能食品・・・特定の栄養成分を含むものとして厚生労働大臣が定める基準に従い当該栄養成分の機能の表示をするもの

ホワイトヴェールと雪肌ドロップの値段を比べました

飲む日焼け止めサプリは長期にわたって飲むものなので、コストが気になりますよね。

色々な買い方があるので、調べてみました。

ホワイトヴェールの値段

単品買い(1袋 60粒入り 1カ月分)

楽天価格   6,800円(送料無料)
アマゾン価格 4,995円(送料無料)

定期購入(1袋 60粒入り 1カ月分)

楽天価格   4,980円(送料無料)
公式サイト価格 980円(送料無料)2回目からは4,980円 回数縛りなし

定期購入で6カ月買った場合の総額

楽天価格    29,880円 ただし4回の回数縛りがある
公式サイト価格 25,880円 回数縛りなし

ホワイトヴェール公式サイトはここをクリック 

雪肌ドロップの値段

・単品買い(1袋 60粒入り 1カ月分)

楽天価格   8,532円(送料別)
アマゾン価格 3,452円(送料無料)

・定期購入(1袋 60粒入り 1カ月分)

楽天価格        なし
公式サイト価格  1,980円(送料無料) ※2回目からは6,480円

定期購入で6カ月買った場合の総額

公式サイト価格  34,380円

雪肌ドロッ公式サイトはここをクリック

価格で比べても雪肌ドロップよりホワイトヴェールの方が安くてお得

値段を比べてみましたが、単品を買うなら一見どちらもamazonが安いように思えます。

でも、注目してほしいのはどちらも定期購入で回数の縛りがないことです!

ホワイトヴェールは初めの一袋が980円で買えますし、雪肌ドロップは1,980円で買えます。

飲んでみて効果を感じなかったり合わないと思ったときは1回でストップすることができますし、続けて飲みたい時も一番安くて手軽に続けられます。

やっぱり注目してほしいのは6カ月後の総額です。

ホワイトヴェールが25,880円と、一番安くて続けることができることがわかりました。

肝心の効果はホワイトヴェールと雪肌ドロップどちらが上?

効果を感じられたかどうかは口コミに頼るのが早いので、調べてみました。

楽天やamazonの口コミを見たところ、満足度が高いのはホワイトヴェールの方でした。

ホワイトヴェールは4カ月5カ月とリピートしているひとの口コミが多く書いてあります。

今回調べる前は正直言ってこんなに差があるとは思っていませんでした。

でも、きっちり調べた結果、おすすめするのは「ホワイトヴェール」の方という結果がでました。

日焼けしたくない人、シミを増やしたくない人はっぜひ「ホワイトヴェール」を試してみてください

ホワイトヴェール公式サイトはここをクリック 


シミ治療前後の日焼け止めは塗るより飲むタイプが効果を発揮

2017年前半にシミの治療でIPLを体験しました。

IPLに限らずシミ治療の後って紫外線カットがものすごく大事だと実感しました。

シミ予防にはぬる日焼け止めだけじゃ不十分

私がシミ治療をした美容皮膚科では、普通に日焼け止めを使ってたらダメ!と釘をさされました。

レーザー治療やIPLなど、肌の奥まで働きかけて再生をしようとすると、治療していったんシミがなくなっても、紫外線を浴びると色素沈着を起こしやすくなってしまうのです。

シミを防ぐには朝日を浴びる前に(カーテンを開ける前に)部屋にいるときからしっかり日焼け止めを塗ることが大切です。

シミ治療後は塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの併用が有効

シミ治療後の肌が赤らんでいる時期は、塗る日焼け止めを塗ることも難しい場合があります。

飲む日焼け止めだと肌に刺激を与えることがないので、治療直後のヒリヒリ肌に一番適しています。

しばらくして肌が落ち着いたら、紫外線が強い時期は併用がおすすめです。

シミは女性ホルモンが活発な間は再発する。飲む日焼け止めで防御!

シミ治療が落ち着いても、2年ほどたつとシミが再発することが多いです。

肌は女性ホルモンが活発な間はシミができやすいので、閉経まではシミ治療を繰り返す人も多数います。

飲む日焼け止めの中でも、私が続けて飲んでいる「ホワイトベール」は初回980円で2回目からも4980円と、続けやすい値段なのでシミ治療経験者の方におすすめです。

成分も日差しが強いスペインで10年以上の使用実績があるニュートロックスサンが2粒125mg配合、植物由来成分100%で、敏感肌の私にとっては、肌質を選ばないところが選んだ決め手でした。

シミを再発させたくない、増やしたくない人はぜひぜひチェックしてみてください。

ホワイトヴェール公式サイトはこちら


飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの徹底比較

hiyakedome

飲む日焼け止めって気になるけど、塗る日焼け止めほどの効果があるのか、体の中に入るものだからちょっと心配・・

確かに便利性と安全性が塗る日焼け止めを上回っていないと、使ってみるには勇気がいるものです。

そこで、塗る日焼け止めのこともおさらいして比較してみました。

(本当?)塗る日焼け止めのメリット

日焼け止めを塗るのは当たり前だと思っている人は、そこにメリットを感じているからです。

みなさんの日焼け止めに対するいい方のイメージを上げてみました

歴史があって安全だと思われている

子どものころからみんな使っているし、日焼け止めでかぶれたことがない

(実際のところ)⇒日焼け止めが原因で肌がかぶれることもあります。

プチプラから高級商品まで価格帯が広い

価格帯は500円程度のものから1万近くするものなど、幅広く販売されているので選ぶ方も気軽に選びやすいのは事実ですね。

ただし、敏感肌の人はどれでも使えるというわけではなく、量をたくさん使っていたら割高になることもあります。

SPFなど効果が数値化されていて選びやすいし安心

塗る日焼け止めは効果が数値化されているので、使う人が用途に応じて選びやすいといえます。

しかし、SPFの意味や選ぶ基準は本当に正しく理解されているのでしょうか。

大半の人はSPF数値が大きければ大きいほどいいと思っていませんか?

残念ながらそれは大きな間違いです。

塗る日焼け止めのデメリット

自分ではしっかり塗ったつもりでも日焼けした経験はありませんか?

また肌がヒリヒリして日焼け止めが合わない人もたくさんいます。

塗る日焼け止めの成分は肌を乾燥させる

実は日焼け止めの成分には肌を乾燥させるものが含まれているのです。

肌の乾燥といえば冬だけのものと思って油断してる人もいますが、日焼け止めを塗る前には保湿クリームをしっかりつけておくことが大事です。

ほとんどの人が効果を得られるだけの量を使っていない

日焼け止めのSPFは、1平方センチメートルあたり2㎎または2μリットルをぬって調査していますので、薄く塗っていてはちゃんとした効果が得られません。

数字だけだとわかりにくいですが、写真で見るとこれだけです。

塗る日焼け止め効果が発揮できる量

手のひらに伸ばす全部の量ではなく、塗った部分(1センチ四方)にこれくらい乗せないと、SPFで表示されている効果が出ないのです。

腕も顔もこんなに真っ白に塗るなんて無理ですよね

紫外線吸収剤が肌に有害って知ってましたか?

日焼け止めの2大成分は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」ですが、「吸収剤」の方は肌の上で化学反応を起こし紫外線を熱エネルギーなどに変化させることで日焼けを防いでいます。

透明で、白浮せず、サラサラとしたつけごこちで汗につよく、紫外線を防ぐ力が強いというメリットがありますが、肌への刺激が強いので、肌荒れを起こしやすい敏感肌の人は肌荒れをおこしやすい成分です。

反射材の方は白浮しやすかったり、タッチが重めになりがちで、つけごこちがいいとはいえませんが、刺激が少なく、肌への負担になりにくいのが特徴です。

厚く塗りすぎると粉っぽくなって皮脂を吸収しやすくなるので、肌が乾燥しやすくなります。

クレンジングで落とさないと肌に残って肌荒れの原因に

日焼け止めを塗ったあと、クレンジングで落とさないとメイクと同じように肌に残って肌荒れの原因になることがあります。

顔ならまだしも、体中クレンジングは大変ですよね

腕や足にポツポツができているのは、ひょっとしたら日焼け止めを落とし切れてなくて毛穴をふさいでいるからではないですか?

ファンデーションの色を変えないと白浮きしてしまう

日焼け止め自体が、顔に塗ると白くなるものが多いので今まで通りのファンデーションを使っていると白浮きしてしまうこともあります。

下地にUVカット機能がついたものを使うと白浮きを避けられますが、強い日差しを浴びる日は注意が必要です。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めのデメリットをカバーしてくれる

上記にあげた日焼け止めのデメリット、飲む日焼けどめだと全部関係ありません。

敏感肌でも、かぶれる心配がなくなります。肌がヒリヒリすることもありません。

飲む日焼け止めのデメリットは?

そうはいっても何かあるんじゃない?

もちろんあります。飲む日焼け止めのデメリット。

値段が高め

塗る日焼け止めの中心価格が1500円~2500円くらいとしたら、飲む日焼け止めは5000円前後の価格が多く、高いものだと1万円近くします。

飲み忘れたら・・・

お薬じゃないので、決まった時間に飲まないと効果がでない、などということはありませんが飲み忘れが続くと効果が薄れてしまいます。

メリット、デメリット比較した結果を判断して選んでみる

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違い、お分かりいただけましたか?

飲む日焼け止めを試してみたい人は、ぜひ商品の比較をチェックしてください
arrow_orange飲む日焼け止めの人気商品比較

当サイトのおすすめ「ニュートロックスサン」が主成分のホワイトヴェール公式サイトはこちらをクリック

 


飲む日焼け止めのおすすめ人気ランキング|違いは何?どれを選べばいい?

飲む日焼け止めヘリオケアと国産どっちがいい?

飲む日焼け止めで有名なのは「ヘリオケア」ですが、日本製のよい製品もあります。

このページではレビューで紹介した「ホワイトヴェール」のほかにどんな商品があるのか詳しく紹介します。

知名度があるヘリオケア、日本人にはイマイチ

ヘリオケア欧米で知名度が高いのはヘリオケアです。

シダ植物の一種から取れる植物由来の成分は、皮膚科学会などでも効果が認められていてすでに15年以上の使用実績があり、副作用などもありません。

・ウルトラD

・アンチオキシダント

などの種類があり30錠入り60錠入りなどがあります。

日本で人気があるのはウルトラDで皮膚科や美容外科などのほか、楽天などネット通販で買うことができます。

価格は30錠入り(2週間から1カ月分)で約5700円~6000円くらいです。

arrow_orange楽天でヘリオケアを見るにはここをクリック

メリットは知名度が高く比較的手に入れやすいこと、効果が実証されていることですが、アメリカ製なのでカプセルが大きく、日本人には飲みにくいという口コミが多いです。

また、欧米人向けに作られているサプリメントなので日本人に合った、国産がいいという人にはイマイチです。

国産の飲む日焼け止めがヘリオケアよりもおすすめなワケ

今年は国産の飲む日焼け止めが人気です。

ヘリオケアと主成分は違いますが、国内で生産されている製品には「ニュートロックスサン」という成分が配合されていて、シトラス果実やローズマリーから抽出した成分が体内の活性酸素に働きかけて、日焼けを防止します。(※ヘリオケアはヘリオケア社が特許を取っていて独占商品なので国内で製造はできません)

ヘリオケアとの違いは、持続時間や短期間での効果などです。

ヘリオケアは日差しを浴びる30分くらい前に飲むと、約4時間程度効果を発揮しますが、ニュートロックスサンが主成分の製品は一日一回のめばいいのです。

短期間に効果を発揮するのはヘリオケアのほうが有効と言われていますが、サプリメントとして毎日飲むと大きな違いはありません。

日本製のサプリを選ぶメリットは、国産だと医薬品などの品質管理基準をクリアした国内GMP認定工場で作られているという点です。

また、日本製のサプリメントは日本人向けに小さめに作られているものが多く、飲みやすくできています

紫外線が強い時期に長く飲み続けることを考えたら、国産サプリがおすすめです!

ニュートロックスサン主成分!日本製の飲む日焼け止めランキング

通販でも手軽に買える日本製のサプリ商品を比較しました。

ここでは、

・ニュートロックスサンの配合量がきちんと明記されている
・続けやすいこと(定期の縛りがないか、価格の総額など)

で商品を比較しました。

定期購入で回数縛りがない ホワイトヴェール

飲む日焼け止めホワイトベールの効果は?試してみた

値段 定期便で買った場合初回980円 2回目からは4,980円。(定期購入回数の縛りなし

一回限りの購入なら 7,560円

容量 60錠入り 1か月分(1回につき2~4粒)

主成分 ニュートロックスサンR 2粒で125mg 4粒で250mg

その他の成分 ・ローズポリフェノール (肌弾力、キメ、潤い、ハリ)
・アンティーチョークエキス(毛穴引き締め)、ビタミンB1,B2,B6、パテトン酸、ビタミンDなど

エビ・カニアレルギーの方でも飲めるようにリニューアル。

日本製(国内GMP認定工場)

販売会社 キラ★リズム(福岡県福岡市)

雑感

3月から10月までの8カ月間は特に紫外線対策を注意する必要があります。定期で続けていると紫外線対策漏れがなくなってシミ対策にバッチリです。

価格も2回目からも4980円と、6カ月使う試算で総コストが一番安いのはホワイトヴェールです。

飲んでみて合わなければ15日間以内に返品できる保証もついていて、しっかりした商品です。

国内の認定工場生産で栄養機能食品として認められています。

楽天・amazonでも販売あり。ただし、初めてなら公式が一番安い

ホワイトヴェールは楽天やamazonでも発売されていますが、ちゃんと続けるなら公式サイトが一番安かったです。

  • 楽天 4,980円
  • アマゾン 4,996円
  • 公式サイト 980円

 

15日間の返金保証付き
ホワイトヴェールの詳細はここをクリック

サンタンブロック

あのライザップグループの健康コーポレーションから結果にコミットするサプリ

1粒に125mgのニュートロックスサン配合で、1日1粒飲めばOK

ニュートロックスサン含有量がトップクラス

定期購入の場合 初回税込5,292円
2回目から 税込8,467円
単品購入は 税込10,584円

1箱 30粒入り(1日1粒で約1カ月分)
1粒のニュートロックスサン含有量 125mg

サンタンブロックの詳細はここをクリック

インナーパラソル

ニュートロックスサン含有量が業界トップレベル

抗酸化成分である「ニュートロックスサン」が1日250mg取れるように配合されています。

ちょっと残念なのが定期購入に回数のしばりがあることです。

飲んでみて合わなくても、2回目3回目を買わなくてはいけないのに注意が必要です。

定期購入の場合 初回税込1,058円
2回目からは 税込6,048円

1袋 60粒入り(1日2粒で約1カ月分)
1粒のニュートロックスサン含有量 125mg

インナーパラソルの詳細はここをクリック

 

雪肌ドロップ

雪肌ドロップ

価格(税込)2,138円~※定期便で買った場合。定期の回数縛りはなし(2回目以降は一袋6,480円)

一回限りの購入なら 7,900円

容量 60粒入り 1か月分(1回につき2~5粒)

主成分 ニュートロックスサン

その他の成分 ザクロエキス、植物プラセンタ、トマトパウダー、リンゴベリー抽出エキス、マリーゴールドエキス

生産国 日本製

販売会社 株式会社INK(東京都渋谷区)

雑感

定期購入の縛りがなくなったので、試しやすくてお得なサプリになりました。ただし2回目からは7千円近くになるので、夏の間しっかり飲みたい人には総コストが高くなります。

効果を感じなかったり、やめたくなったときは2回目からでもキャンセルすることができます。(次回発送の7日前までに連絡すれば変更や停止ができます)

国内GMP認定工場で生産されているので、品質も安心です

雪肌ドロップの詳細はこちらをクリック

美容成分も配合 ポルク

ニュートロックスサン配合飲む日焼け止めポルク

値段 6,980円~※定期便で購入回数設定はありません(1回で解約可)

一回限りの購入なら 9,800円(定期で申し込んで、合わなければ解約としたほうがお得ですね。ただし、解約できる日は20日から25日までと期間が短いので注意が必要です)

容量 60粒入り 1か月分(1回につき2~5粒)

主成分 ニュートロックスサン

その他の成分 ザクロエキス、ルテイン、クロセチン、リコピン、フィッシュコラーゲン、マルチビタミン、AGGコンプレックス、ビサボロール、フィストフィンゴシン、

生産国 サイトに明記されていません

販売会社 株式会社オンライフ(東京都品川区)

雑感

定期購入の縛りがないので初回から定期購入にして買うと試しやすいですが、ホワイトヴェールと比較すると初回も2回目も価格がかなり高いのが気になります。

配合成分も大きな違いはないので、個人的にはホワイトヴェールのほうがおすすめです。

arrow_orangePOLC(ポルク)の詳細はここをクリック

 

飲む日焼け止めは定期的に続けることがおすすめ!紫外線対策は1年の半分以上で必要!

一年を通しての紫外線の強さは気象庁のサイトで確認することができます。

気象庁サイトの紫外線の強さを表示してるページを確認しましょう。

気象庁日最大UVインデックス

東京の紫外線でも年間8カ月は対策が必要

東京の紫外線の強さ

このページをみれば各地方都市の紫外線の強さがグラフで表示されるのですが、東京でも年のうち半分以上の8カ月は対策が必要なほど、紫外線にさらされているのがわかります。

福岡も、名古屋も東京よりはるかに紫外線が強く、沖縄では1年中紫外線対策が必要です。

名古屋、福岡、沖縄の紫外線はもっと強い

index_fuk index_nagoya index_naha

紫外線は日常の通勤や通学はもとより、部屋の中にいても窓ガラスを透過してなど、自分で思っているよりもはるかに多い量を浴びています。

年間を通しての対策が大事だからこそ、どのサプリも定期コース設定されています。

定期コースで始めるのがどうしても不安な人は定期コースだけど回数の縛りがない商品がおすすめです。

ホワイトヴェールは2017年に成分をリニューアルしてアレルギー対策もされています。

気になった人は公式通販サイトをチェックしてみてください。

arrow_orangeホワイトヴェールの公式サイトはここをクリック

 

 


飲む日焼け止めって副作用はないの?塗らなくても大丈夫なの?

飲む日焼け止めの副作用

飲む日焼け止めって使ってみたいけど安全かどうか気になる

私もそうですが、多くの人が初めにメリットとデメリットをはっきりさせておきたいのではないでしょうか。

飲む日焼け止めについて詳しく調べてみました。

飲む日焼け止めの主成分は?

飲む日焼け止めとしてヨーロッパを中心に人気と歴史がある成分は「FernBlock」と「ニュートロックスサン」です。

ニュートロックスサンはシトラス果実およびローズマリー葉エキスから抽出された植物由来の成分です。

簡単にいうとフルーツを食べているようなものです

なーんだと思うかもしれませんが、ニュートロックスサンは大学の研究機関で開発された成分なんです。

スペインのミギュエル大学細胞生化学でミコル博士とモンテローダ社が10年以上の歳月をかけて共同開発しました。

紫外線が強い南スペイン産のシトラス果実とローズマリー葉に含まれる複数のポリフェノールが細胞の光防御をサポートします。

一方、FernBlockはシダ植物から抽出された成分で、服用すると紫外線防御効果の他、皮膚癌の防止、抗炎症作用、 日焼けによる赤み、皮膚のダメージを軽減します。

ハーバード・メディカル・スクールの第一人者による15年間にわたる調査及び臨床研究の末、 安全で有効な成分として認知されるようになりました。

飲む日焼け止めはどうして日焼けを防ぐことができるの?

飲む日焼け止めは増えすぎた「活性酸素」を取り除き、体内に必要な活性酸素を適切な量にコントロールする効果を持っています。

また、飲む日焼け止めには抗炎症作用があるので、日焼けを引き起こす皮膚細胞の炎症を抑えてくれます。

日焼けが起こる前に体内の変化を食い止めているので日焼けを防ぐことができるのです。

飲む日焼け止めは飲んですぐに効果があるの

飲む日焼け止めは健康食品でありお薬ではないので「効果」をうたうことはできません。

配合成分のニュートロックスサンには紫外線保護効果のエビデンス(医学的根拠)がありますが、毎日250mg摂取して60日後に32%、80日後に56%となっています。
(スペインミギュル大学とモンテローダ社の共同研究資料より)

つまり、即効果があるような薬ではないですが、飲み続けることで光保護効果が現われるということです。

今年の夏にしっかり日焼けを防ぎたければ、すぐにでも飲み始めることがおすすめです。

飲む日焼け止めに副作用はないの?

飲む日焼け止めには副作用はありません。

飲む日焼け止めは医薬品とは違って常用性や副作用がないサプリメントです。99.9%が植物由来の成分でできています。

ただし、食物アレルギーを持っている人は配合されている成分をチェックしてから服用してください。

また、現在飲んでいる薬がある方は薬剤師やかかりつけの医師にご相談ください

飲む日焼け止めは資生堂やDHCの美白サプリと何が違うの?

飲む日焼け止めと美白サプリの違いはズバリ、活性酸素に働きかける成分が入っているか入っていないかという点です。

美白サプリには肌に重要なビタミンCなどを中心に配合されていて、それなりに効果はありますが日焼けすること自体を防ぐことはできません。

資生堂の「ピュアホワイト」はクコの実エキスが美容によいような記述がありますが、抗酸化作用については明記されていません。

美白サプリを飲んでいても、塗る方の日焼け止めをしっかりつけておかないと、炎症を起こして焼けてしまいます。

病院でヘリオケアを買った人がいるけど処方箋はいらないの?

ニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めが広く流通するまでは、ヘリオケアというFernBlockが主成分のサプリが美容外科や皮膚科などで発売されていました。

ヘリオケアも医薬品ではなくサプリメントなので処方箋はいりません。現在ではネット通販で買うこともできます。

arrow_orange楽天で売っているヘリオケアを見るにはここをクリック

ヘリオケアはいろいろな種類がありますが、2016年現在日本で人気があるのは「ヘリオケア ウルトラD」です。

ただしヘリオケアは欧米人向けに作られているので、カプセルがすごく大きくて飲みにくかったです。また、欧米で生産されたものを輸入して販売しているので日本人に合っているのか気になるところです。

私が飲んだ感想ですが、ニュートロックスサンが主成分で国内工場で生産されている「ホワイトヴェール」が錠剤が小さく飲みやすかったです。

arrow_orangeホワイトヴェールの詳細はここをクリック

妊娠中や授乳中でも飲んでいいの?

飲む日焼け止めに毒性はありませんが、妊娠中や授乳中の使用はやめましょう。

ローズマリーエキスが妊娠中の

メーカーの注意書きにも妊娠中・授乳中の使用は控えるような記載がされています。

子どもは使えるの?

FernBlockもニュートロックスサンも4歳以上から服用できると書いてあります。

ただ、個人的には体が小さい(細胞数が少ない)子どもに対して大人と同量のサプリを飲ませることには抵抗があります。

鎮痛剤などを取ってみても15歳を境に使用量が変わることが多いです。

医薬品ではありませんが、個人的に高校生以上の服用をおすすめします。

ニキビで日焼け止めが塗れないけど、飲む日焼け止めは使える?

むしろ、敏感肌やニキビ肌の人こそ積極的に飲む日焼け止めで対策しましょう

塗る日焼け止めは日焼けを遅くする目安である「SPF値」などが高ければ高いほど、肌に強い刺激を与える成分が入っています。

紫外線反射材や紫外線吸収剤が肌荒れを起こす可能性があるのです。

飲む日焼け止めであれば肌へ直接刺激を与えることがないので、塗る日焼け止めのように何度も塗りなおすなどの心配もないのです。

まとめ

紫外線が肌に与える影響は日焼けだけでなく、しわやシミ、たるみなど肌老化の重大な原因の一つです。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めが届かない頭皮や首のうしろなどにも有効です。

紫外線対策への新しいアプローチとして、もう日本でもひそかなブームになっているアイテムです。

2016年はシーズンに入る前に生産が追い付かなくなるほどの人気でした。

気になる人は早めにゲットしてください。

arrow_orange日本で生産されている飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」の詳細はこちら